夫婦関係と離婚調停

離婚というものは、結婚よりも大変です。
結婚は勢いでできますが、離婚は勢いではできません。
様々なしがらみがある中で進めていかなければいけないことで、思うように進まない可能性もあるのです。

実際に離婚ということを考える場合、円満離婚で済むというのは非常にまれなことでしょう。
もとより、離婚に至るまでに原因があるのですから、簡単には進みません。
かなりもめることになるのが一般的で、仲裁者なしでは進まないこともよくあります。
相手に三行半を突きつけるとしても、簡単にはいかないのですから、離婚は体力を使うとはいったものなのです。

そこで、離婚には調停という方法が用意されています。
離婚したくても、話が全くまとまらない場合に、裁判所に申し立てることで仲裁を頼むことができる制度です。
なぜ、こういった制度があるかといえば、離婚は家庭内の問題だということがあります。
双方が納得すれば済む話であり、離婚をするという所だけ考えれば、犯罪でも損害でも与えている話ではありません。
そのため、いきなり裁判所が入り、訴訟手続きにすることができないのです。
そこで、調停前置主義といいますが、必ず調停という段階を踏んでからでなければ訴訟にすることはできません。

なんだか難しい話だと思うかもしれませんが、複雑になりがちな離婚ということを、できるだけ円満に進める方法であることは間違いありません。
夫婦関係の問題は大変難しいことではありますが、この方法を知っているだけで、円満に解決できるかもしれませんので、参考にしてみてはいかがでしょうか。



◎特集
夫婦関係の問題や離婚についてカウンセラーに相談ができるサイトです →→ 夫婦関係

Copyright © 2014 夫婦関係がもつれた!離婚調停について All Rights Reserved.